論理がわかっていないとまったく数学ができないわけではありません.小中高大学生(除・数学科)のほとんどは,あまり論理など気にしないで数学を道具として使っています.
しかし,あるレベル以上の問題,ある一定以上の“高み”を目指すとき,数学のどの分野においても論理は避けて通れないものとなります.そして論理を習得して今まで学んだ数学を高みから見下ろしたとき,日々ひたすら雑多な知識を貯め込む俗世間の営みが,なんともアホらしく感じられるでしょう.
論理がわからなくとも何とかなりますが,論理がわかると強力な武器になります.日々の数学の学習の中で,少しずつ論理に目を向けるようにしましょう.

注意
プリント貯めても何にもならん.プリント読んでもどうにもならん.
数学脳は,手を動かさんと働かん.

ダウンロード (pdf)