資格取得にチャレンジ

昨年会社を設立して、まだ安定的な収益を稼ぐほどにはなっていませんがなんだかんだで大きな赤字を出すこともなく無事新しい年を迎えることができました。
今年の目標として「健康」に気をつけながら頑張ろうと書きましたが、もう一つ目標として頑張ろうと思っていることがあります。
それは「あらたなスキルの獲得=資格取得」です。
私自身は今までサラリーマンとして、不動産業、資産運用、クレジットカード業務、金融機関向けITサービス構築などの業務に携わってきました。
そういう中で何度も資格取得の機会があったのですが、自分の信念として「実務ができるのであれば資格など必要ない」と考えるところがあって資格取得の努力をしたことがありませんでした。
でも今自分たちで会社をつくり経営してみてあらためて思っているのは、サラリーマンとしては必要ではないかも知れないけれども会社経営としては必要な資格・知識はたくさんあるということです。
組織の中で働いている分にはあまり感じませんでしたが、会社を経営するという観点で活動している今「会社経理」「労務関係事務」や「コンプライアンス、契約関係事務」などの重要性を感じています。
そう思っていたところ、昨年末ある企業様から業務依頼があり依頼を受けることになりました。作業をすすめるに当たりトラブル回避のため請負契約を締結することにしました。当初は持ち前のけちけち根性で自分で契約書を作成してと思っていましたが、金額もある程度大きな仕事でもあったためきちんとした契約書を締結する必要性を感じて行政書士の方に依頼をして契約書を作成していただくことにしました。費用は4万円程度なので大きな金額ではないのですが、今後もこのような機会が発生するとすると自分で処理できたほうが時間の効率や費用効果を考えると自分で「行政書士」の資格をとって処理したほうがスムーズかと強く思いました。
ということで資格をとることにしました。いろいろと資格取得方法を調べて「独学」「通学」「通信教育」などありましたが、自分にあった形式はeラーニングを使った「通信教育」と思い今日申し込みしました。
試験は11月に実施ということで結構さきですが、気を抜かず勉強をすすめたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です