50代のキックオフミーティング

夏の再会以降、「攻める老後」に関してお互いに忙しくなにもせず半年が過ぎた頃、広瀬氏より「活動を本格的に開始しよう。ついては打ち合わせをしよう」との連絡がありました。
私もそろそろなにか活動すべきと思っていたこともあり即答でokと解答しました。ゆっくり話をしたかったので、安く泊まれる軽井沢のハーヴェストとローストチキンの美味しい店を予約しました。
そして予約をした当日、東京駅で待ち合わせして二人で出発。なんの気負いもない年齢に達している私達は、普通に半年ぶりの再会をし新幹線に乗り込みました。彼は、いまどきな格好をしていたのが自分にとっては恥ずかしかったのを覚えています。彼いわく「他にあまり趣味がないから洋服にお金をかけている」とのことだが、そう考える事自体が若いし洒落ていると私は思う。
軽井沢に着いて二人で散歩をして、予約していたローストチキンの店で夕食をしました。50代の男二人以外はほとんどが若いカップルのお店でなんの恥ずかしげもなく今後のプランについて勝手に話が盛り上がってました。
男二人だけの2時間もの長い食事を終え、ハーヴェストの部屋に戻り今後のビジネスプランの話を始めました。私はお酒が好きなので飲みながら話をしようと思っていましたが、真面目に話したいという広瀬氏の思いもありそれは今晩だけは控えました。
全然違う分野で長い年月を過ごして、得意分野がまったく違う二人。広瀬氏はもちろん専門は、「数学を教えること」。私は「お金全般(資産運用、不動産、ローン)✕ ITインフラ構築」などお金全般のITの専門家。そういう違う分野の掛け合わせで自分たちのビジネスをスタートすることになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です